霊感タロット

タロット占いは古代エジプトから始まったのが由来といわれています。

霊感タロットとは、タロットカードの持つ本来の意味と鑑定士の霊感の融合といえるものであり、タロット占いにインスピレーションをプラスして更に正確な答えを導き出そうと編み出されたものです。

しかし、タロット占いにしても、カードを引く鑑定士には霊感が必要といわれており、トランプでいう神経衰弱同様に引く者のインスピレーションが最も正しいカードを選ぶといっても過言ではないでしょう。

また、相談者の中にタロットカードを用いた占いを好む方が多く存在するため、霊感を持つ鑑定士がタロットを学び、更にパワーをつけるといった例もあるかと思われます。

また霊感タロットは鑑定士のインスピレーションだけではなく、相談者の持つ波動も大きく関係してくるといわれています。

鑑定士が相談者の波動を感じ取り、引いたカードが霊感タロットの答えになるというわけです。

タロットカードは文字ではなく絵で描かれており、大アカルナカードと小アカルナカードがあり、その一枚一枚が意味を持ちますが、それぞれが孤立したものとしてではなく、その中には物語が隠されていると考えると理解しやすいと言われています。

カードには正の位置、負の位置とがあり、どちらを引くかによって全く答えが違ってくることが特徴です。

最終的に8枚のカードを引き真ん中に3枚、左右に2枚ずつを並べて、相談者の過去・現在・未来を総合して占うことが出来ます。

また、カードを切ったり、シャッフルする際によく念じることが重要とされています。

霊感タロットを希望する相談例としては、恋愛での悩みやお相手との今後が知りたい、仕事を転職したいと思うが本当のところはどうか?人生で起こる出来事や転換期などを詳しく知りたいなど、さまざまでしょう。

答えの一例としては、過去を意味するカードがペンタクルの王・逆位置の場合、キーワードは関係で未来への可能性が見えずに悲観的になっている姿を現しており、未来を意味するカードがソードの6・正位置であった場合、キーワードは慎重で、落ち着いて慎重に行動している姿を現しているなどがあります。

↑ PAGE TOP